黒いショール、2枚分を整経して織っているのですがやっと終わりに近づいてきました。
整経前、紡いだ糸を木枠に巻いて全体量を見た時足りないかもしれないという嫌な予感が見事的中です。
それも小管に巻いたの1本分。
読みの甘さをくよくよと考えてもしょうがないので、まあこういうこともたまにはあるでしょうとドラムカーダーにかかる最低量をカードして少しだけ糸を紡ぐことにしました。
あまり余るほど糸を紡いでしまうのも無駄なような気もするけど、足りないのは論外。
たまたま原毛に余裕があったので紡ぎ足すことができましたが、それがかなわないこともある。
それに糸が余れば他の作品に活かすこともできるので、そんなことも考慮しながら紡ぐのもいいのかもと頭の中ぐるぐる中です。