インドネシアの布、着物の布など気がつけば山のような布。
去年の11月の事務所引っ越しの際、次々と出てくる大量の布に溺れるかと思いました。
泣く泣く処分したものもありますがそれでも何とか家に運び入れて、これをいったいどうしたものかと途方に暮れましたが、前からやりたかった仕覆に利用できると思いついて先月から月に一度のお稽古に行き始めました。

まずは簡単にできるものから、茶筒の仕覆から。
今日何とか完成させることができて、何だかとってもうれしいです。

IMG_2179


IMG_2180

表にはインドシルクとタッサーシルク、裏地には着物の白生地を使用しました。
中の茶筒は、箱根の寄せ木細工の若い作家さんのもの。
ちょっと前に鬼子母神の手作り市で一目ぼれしました。

先生の「仕覆は入れたいものぴったりに作るのよー、ボディコンよ」の言葉になるほどーと思いました。
折しもショウルームでのもんぺの手縫いワークショップが何回か続き、わたしも2枚ほどもんぺを作ったりして、ここのところ手縫いづいています。
もんぺは木綿の糸、仕覆は絹糸。
それぞれの感触が手に心地よく、久しぶりに純粋に手仕事の楽しさを味わっています。

IMG_2172
こちらは一緒に仕覆を習う先輩の作品。
真ん中をのぞき、インドネシアの古布を使っています。
早くこんなすてきなのができるようになりたいものです。